院長ご挨拶

大江院長当院は昭和29年に創立され、昭和31年には東北地方で初めての心臓手術が行われた病院です。しかし時代の変遷により平成11年より診療内容を変更、慢性期病院として療養病床を併設、現在に至っております。病院、診療所、介護施設などが患者さんをシームレスに治療、介護する現在、私は当院の役割を次のように考えております。外来は内科、外科の多種多様の疾患を持つ患者さん、頻回の入院を必要とする患者さんを中心に常に何でも相談できる体制にあること、入院は急性期病院の治療が終了するも頻回の医療行為が必要で在宅医療、施設に移行できない患者さん、在宅又は施設に入所中、急性増悪を来した患者さん等を中心に担当することです。もちろん二次医療機関としての一般外来、入院治療、手術、更には高度医療を要する患者さんを早期に専門機関に紹介することも重要な役割です。そのためには最新の医療知識・技術の研鑽、機器整備を怠らないのも私共の義務と考えております。超高齢化社会に向けて医療体制は益々変化して行くと考えられますが患者さん、御家族との信頼関係は基本と思います。当院では患者さん、御家族とのコミュニケーションに努め、その御意見を最大限に尊重、患者さんに寄り添う医療を目指しております。地域医療構想の中、その一員として貢献して行きたいと考えておりますので何卒宜しくお願い申し上げます。