外科

外科のご案内

外科では、消化器疾患(胃がん、大腸がん、胆石など)を中心に、肛門疾患(痔)、鼠径ヘルニア(脱腸)、下肢静脈瘤などの手術を行っています。

患者さんと御家族に充分な御説明を行い、たとえ外科に初診で受診された方でも「手術が最良の治療手段であるかどうか」を常に考え、手術を行う場合は経験豊富な専門医の執刀による治療をモットーとしています。

医師紹介

(外科)

  • 笹本 信幸 (ささもと のぶゆき)
    外科学会専門医
    消化器疾患や肛門疾患(痔)、鼠径ヘルニア(脱腸)、下肢静脈瘤などの手術を行っています。検査では上部内視鏡(胃カメラ)、腹部超音波、大腸透視(内視鏡)も担当しています。
  • 松澤 克典 (まつざわ かつのり)
    外科学会専門医、消化器外科学会専門医
    上記手術や検査を、中心的存在として施行しておりますが、抗がん剤治療につきましても専門としています。また、がんの治療について、「他の医療機関で治療を受けているのだが、セカンドオピニオンを求めたい」とお考えの方へも、臨時対応させていただいております。

(麻酔科)

  • 田中 眞司(たなか しんじ)
    麻酔科専門医、救急専門医
    日本体育協会公認スポーツドクター
    日本医師会医認定スポーツ医・認定産業医
    主に手術室での麻酔を専門としています。またスポーツ医学に関心があり、モンテディオ山形チームドクター退任後も、県役員として、国民体育大会等に帯同しています。

 

ドクターのお話