先輩の声

私は患者様を第一に考える、ということを大事にして働いています。

毎日多忙な仕事で患者様に寄り添い看護が出来ているか悩む時もありますが、患者様の笑顔が少しでも増え、ニーズに応えられるよう成長していきたいです。また常に疑問を持ち根拠を持った看護を実践するよう努めていきたいです。

たくさんのことを親身に指導して下さる先輩方ばかりでとても働きやすい環境です。

 渡部 梨菜
 平成28年3月 山形厚生看護学校卒


現在、急性期一般病棟に勤務しています。

内科と外科の混合病棟であるため、幅広い疾患のアセスメントや看護を学ぶことができます。
入職した頃は覚えることの多さや看護師としての責任の重さに戸惑うこともありましたが、先輩方が丁寧に指導して下さり、また病院スタッフ全体でサポートしてくれるためなんとか2年目を迎えることができました。

これからも先輩の姿を見て日々成長していきたいです。

 鏡 ののか
 平成30年3月 三友堂看護専門学校卒


1病棟では、周手術期にある患者様から緩和ケア・ペインコントロールを行う患者様がいらっしゃいます。
また、循環器疾患や消化器疾患、脳血管疾患など、幅広い病期・病態の患者様の看護を学ぶことができます。
地域包括ケア病床では、メディカルソーシャルワーカー、理学療法士などと情報共有をしながら、患者様が安心して退院できるような環境作りを行っています。

入院や手術・検査など動きが多いですが、やりがいのある病棟です。スタッフと連携・協力しながら楽しく看護をしています。

 五十嵐 唯
 平成29年3月 山形大学医学部看護学科卒